BST祭

20周年記念のBST祭を無事終えることができました。ご来場くださったみなさん、こんな大雨の中、ほんとうにありがとうございました。お会いできてうれしかったです。きょうをひとつの節目としてそして皆様の温かいお気持ちにパワーをいただいて、スタッフ一同、子どもたちのための、地域のためのBST目指して、新たな気持ちでがんばります。

午前9時。スタッフ集合。とにかく大雨。よりによって・・

午前10時。近藤先生到着。きょうのためにBSTバージョンのスライドまで用意してくださいました。先生の熱心なお仕事ぶりには頭が下がります。

午前10時45分。雨のせいか、まだまだ人はまばら。ちょっと心配になっていた矢先、5分前くらいからどんどんみなさんが来てくださる。こんな雨の中、ほんとうに申し訳ない。あっという間に、会場がほぼ埋まる。お花ら電報やらお菓子やら、たくさん頂戴して華やかさもぐんと増す。お花に添えられた「祝20周年」の文字に、思わず気持ちが引きしまる。こうして見守ってくださる方があることへの感謝、これからへの思い。高橋さんが来てくださる。素敵なお花までいただいて、れいなちゃんが川柳を投句してくれた。「またあとで」と見送りながら熱い気持ちになる。ほんとうにありがとうございます。

午前11時10分。講演開始。きょうの近藤先生はスーツ姿。美容やらゴルフやら、さまざまに話題をひろげながら、専門的な見地からのお話をしてくださる。具体的な体の動きのことになると、わたしもそうなのだけれど、みなさん自然に自分の手を先生といっしょに動かしてみたりして、首をひねったり頷いたり。ときどき笑いも起こって、とてもよい雰囲気の中で進行している。先生、よいお話をありがとうございました。今度、若田接骨院にうかがったら聞いてみたいこともストック。できるかぎり健康で美しく暮らしたいと思うし、そのために自分について考えるきっかけを与えていただいたように思う。暮らしの中でちょっとした努力ができるのは素敵なことだ。

午後1時。大人のための中学生英語。塾長の授業ということで、「あの授業をもう一度」と大学生も参加。じゅうぶんなつかしんでいただけただろうか。ご夫妻で参加してくださったご近所の方、生徒のご父兄、みなさんに少しでも楽しんでいただけたのだったらよいけれど。

午後2時20分。小・中・高生川柳大会。投句数49。みんなで投票に入る。今回は、人気投票で大賞を決定するルール。投票には、会場にいる方全員に参加していただく。

午後3時10分。集計終了。大賞は、高校2年生の加藤心一くんの句に決定。

やつは春ぼくの心はシベリアン     加藤心一

表彰状と副賞が贈られる。全体的にみても、「春」という言葉が決して明るいうきうきしたものばかりでないこと、花粉症をよんだ句が多いことが印象に残る。いまどきの小・中・高生は大変なのかしらん。素直でかわいい句もあり、若者らしいすがすがしい句もあり、表現の問題はともかく、みんなが伝えたいものを持っていて、それを一生懸命に五七五にする取り組みをしてくれたことがうれしかった。

みなさん、ほんとうにありがとうございました。
これからも緑区のBSTをよろしくお願いいたします。

2006年2月26日 23:59

オープンクラス、はじまります。

きょうから、3月24日(金)まで、BSTの授業を無料体験していただけます。
どんな先生がいて、どんな授業がどんな雰囲気で行われているのか。自分自身で体験するのがいちばんよくわかりますよね。期間中、都合のよい日を一日選んで、メールお電話、または学院窓口でお申し込みください。それぞれの学年の授業日に関しては、各クラスのページ内の時間割をご確認ください。また、お気軽にお電話でおたずねください。

2006年2月13日 00:01

ミー先生のお助け数学登場!!

4月からの新しい講座、「高校生定期テスト数学対策クラス」を紹介します。
このクラスは、登録制で定期テスト前にテスト範囲の数学の特訓をします。高校生になって、急に数学で悩み始める生徒がいます。まさに赤点と闘い続けることをを強いられる生徒も出てきます。高校生の定期テスト期間中になると、自習室は一面に数学の花が咲いたみたいになって、必死で数学を覚えている(?)子の姿も!普段の授業で「補習数学クラス」をつくって対応してきましたが、さらに効率化をはかって直前対策の講座を設けました。高校生数学のミー先生が担当します。ただし、受け入れに限界がありますので、事前登録制とさせていただきます。登録をしている生徒は、試験前は平日・土日を問わず、先生と調整のうえ予定をとることができます。もちろん、試験中の昼間の時間帯もOKです。試験前日の「ムダなアガキ」が「有効な対策」に変わります。

2006年2月11日 00:01

緑高校・鳴海高校限定、定員各15名!

BST学院は、創立当初から、緑区で大学受験に対応できる塾として、高校生クラスの充実をはかってきました。一般入試では、どの高校に通っているかも学校の評定平均がいくつなのかも関係ありません。当日の入試で何点取れるか、つまり実力だけがものをいいます。それは、ある意味、受験勉強の醍醐味であり、やりがいのあるところにちがいありません。BSTの大学受験実力養成コースの本領といえます。
一方、推薦入試制度を利用するほうがより有利な大学進学のチャンスを得られる生徒もいます。最近は入試制度が多様化しているので、自分にとってどの方法がいちばんよいのかをしっかり見極めたうえで、制度を有効に利用するべきだと思います。
そこで、2006年4月から緑高校と鳴海高校の生徒を対象に、大学推薦入試コースを開設することにしました。学校の教科書に従って、定期テストの成績アップ・高い評定の確保をめざすクラスです。
大学受験実力養成コースと大学推薦入試コース。緑高校・鳴海高校の生徒は、どちらのコースの授業も選ぶことができます。
自分の適性を知ることが、大学進学へのベストの道を切り開きます。

2006年2月 6日 00:01

個人担任登録制度スタート。

BSTのパーソナル・ケアをより充実したものにするために、2006年度4月より、中学生の個人担任制度をスタートさせます。生徒のみなさんは、講師の中から自分の希望する担任を登録することができます。学校でもクラス担任の先生がいらっしゃいますが、中には担任の先生と合わなかったり、不満を持っていたりする生徒もいます。でも、生徒は担任の先生を選ぶことはできませんよね。BSTでは、生徒が自分の担任を選ぶのです。昨年度末に生徒たちに「先生の通信簿」をつけてもらたのですが、生徒たちのいろんな気持ちを受け止めて、生徒のために役立てることはできないかなあと考えて、この制度を始めました。
毎日の学習、定期テスト対策、進路の相談、塾での授業のとり方、学校生活での悩みなど、担任の先生は受け持った生徒に関して総合的なケアの責任を負います。生徒ひとりひとりと講師との間に密なコミニュケーションをはかり、生徒たちが安心して勉強に取り組める環境をつくっていきたいと考えています。
もし特に希望がない場合は登録をしなくてもかまいません。その場合には、こちらで担任を決めてケアにあたります。
2006年度は、この個人担任制度以外にも、いくつかの新しいプランを用意しています。4月の新学期に向けて順に紹介していきたいと思います。

2006年2月 1日 00:01