耳をふさげば水は一面の青    樹萄らき

(「2015 親分ここはいけません」より。)
耳をふさいで音が遮断されると、視覚でとらえた水が「一面の青」として迫ってくる。ミミヲフサゲバ/ミズハイチメンノアオの7音と10音で一気に読むのがよさそうに思える。水面を見ているはずなのに、水の中にいるような気もして不思議な感じがする。

らきさんが、2015年に書いた川柳とエッセイをまとめた作品集を送ってくださった。らきさんは、毎年きちんと自分の作品をまとめていらっしゃる。それは大切なことだし、毎年続けていらっしゃるのはすごいなと思う。書きっぱなしのわたしは、「ごめんなさい」と言いたくなる。らきさん、おからだに気をつけて2016年もいっぱい川柳をつくってくださいね。

2016年4月22日 22:58

わたくしを跨いで猫が出て行った    木本朱夏

(「ことばの国の猫たち」より。)
木本朱夏さんが監修なさった猫川柳のアンソロジーが、あざみエージェントから出版された。猫句と猫の写真と猫エッセイだけで構成された本である。バッグの中にちょこんと収まるコンパクトサイズなのだが、これを入れていると無敵感バリバリである。不思議なお守りのような1冊だ。写真の猫ちゃんたちのせつないほどの愛らしさも効果絶大なのだろう。
お気に入りの猫川柳を発見。

猫はまた遠いところを噛んでいる    徳永政二

ねじまきメンバーの句も見つけた。

チェシャ猫に呼び戻される脱衣場    なかはられいこ
告白の練習用に猫借りる        丸山進
国境も仔猫も軽く踏んじゃって     瀧村小奈生

2016年4月18日 14:33

ラッキーナンバーは30。

きのう、生徒のお母様お二人から塾の30周年を祝うお花をいただいた。え!そんな!ちょっと前にそんなことも話したのだけれど、なんとなく過ごしていた。お祝いしていただけるなんて思いのほかのことで感動した。私の過去の誕生日の中で、いちばん印象に残っているのは30歳の誕生日である。これも思いがけず生徒のご両親に祝っていただいたので状況が酷似している。30歳と30周年。きっとわたしのラッキーナンバーは30にちがいない。そして、わたしに思いがけない幸せを届けてくださるのはいつも生徒の親御さんなのだ。感謝。

2016年4月15日 22:28