耳をふさげば水は一面の青    樹萄らき

(「2015 親分ここはいけません」より。)
耳をふさいで音が遮断されると、視覚でとらえた水が「一面の青」として迫ってくる。ミミヲフサゲバ/ミズハイチメンノアオの7音と10音で一気に読むのがよさそうに思える。水面を見ているはずなのに、水の中にいるような気もして不思議な感じがする。

らきさんが、2015年に書いた川柳とエッセイをまとめた作品集を送ってくださった。らきさんは、毎年きちんと自分の作品をまとめていらっしゃる。それは大切なことだし、毎年続けていらっしゃるのはすごいなと思う。書きっぱなしのわたしは、「ごめんなさい」と言いたくなる。らきさん、おからだに気をつけて2016年もいっぱい川柳をつくってくださいね。

2016年4月22日 22:58

わたくしを跨いで猫が出て行った    木本朱夏

(「ことばの国の猫たち」より。)
木本朱夏さんが監修なさった猫川柳のアンソロジーが、あざみエージェントから出版された。猫句と猫の写真と猫エッセイだけで構成された本である。バッグの中にちょこんと収まるコンパクトサイズなのだが、これを入れていると無敵感バリバリである。不思議なお守りのような1冊だ。写真の猫ちゃんたちのせつないほどの愛らしさも効果絶大なのだろう。
お気に入りの猫川柳を発見。

猫はまた遠いところを噛んでいる    徳永政二

ねじまきメンバーの句も見つけた。

チェシャ猫に呼び戻される脱衣場    なかはられいこ
告白の練習用に猫借りる        丸山進
国境も仔猫も軽く踏んじゃって     瀧村小奈生

2016年4月18日 14:33

ラッキーナンバーは30。

きのう、生徒のお母様お二人から塾の30周年を祝うお花をいただいた。え!そんな!ちょっと前にそんなことも話したのだけれど、なんとなく過ごしていた。お祝いしていただけるなんて思いのほかのことで感動した。私の過去の誕生日の中で、いちばん印象に残っているのは30歳の誕生日である。これも思いがけず生徒のご両親に祝っていただいたので状況が酷似している。30歳と30周年。きっとわたしのラッキーナンバーは30にちがいない。そして、わたしに思いがけない幸せを届けてくださるのはいつも生徒の親御さんなのだ。感謝。

2016年4月15日 22:28

こけました。

ブログが1カ月近く頓挫した。いわゆる「こけた」のである。理由は、こけたから。転倒して肩を骨折した。2月19日金曜日の朝の名古屋駅地下街で。こけたのもショックなら折れたのもショック。角を曲がると何が出てくるかわからないと、また改めて痛感した。そんなこんなで3月を迎えている。

2016年3月 7日 22:54

君が代のがのうつくしい鼻濁音    小奈生

そう言えば出しそびれた宿題があった。朝日カルチャーの川柳講座の「代」である。眼科で緑内障の検査予約が入っていたので、あらかじめ欠席の連絡をしておいたのだが、「ひょっとしたら間に合うかも」ぐらいに思っていた。しかし瞳孔を開いて行う検査をなめちゃいけない。入ってくる光を絞れない真っ白なまぶしさを初体験した。きらきらと晴れていた日だったから一層だったかもしれないが、信号は判別できないし顔は上げられないしで驚いた。その日に出すはずだった宿題である。

2016年2月11日 18:20

一度だけ

一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております   山崎方代
   (「15歳の短歌・俳句・川柳」①愛と恋より。)

私がこの短歌に初めて出会ったのは今から10年ちょっと前のことだ。「知っております」にどきっとした。知っているのが「南天の実」でなかったら、そうは感じなかっただろう。あの赤い実のもつ不思議な力である。わたしにとって、「南天の実」は動かないモノであった。幼い頃、悪い夢をみたときは南天をゆすっておくとよいと言ったのは母方の祖母だ。祖母の家の中庭には涸れた井戸と南天と葉蘭があって(もちろん他にも木は植えられていたはずだが覚えていない)、ちょっと怖くてちょっと心ひかれた。土間になった台所から中庭に抜ける通路の薄暗さと南天の実の赤が記憶に残る風景である。

2016年2月10日 17:30

寂しいと言い私を蔦にせよ    神野紗希

(「15歳の短歌・俳句・川柳」①愛と恋より)
『突然炎のごとく』の章に収められた俳句である。この迫力は川柳では出せないと一句の前に思わず立ち止まった。強い。なぜそうできるのだろう。裏返せば、川柳ではなぜそうならないのだろうということになる。

鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女

この俳句も同じ章の中に見つけた。同じく命令形である。そう言えば、というのはあまりにも迂闊だがこの有名な句も俳句だった。川柳とは明らかに違う俳句の世界だと思う。

2016年2月 9日 17:18

「転校生は蟻まみれ」 小池正博句集

白山へ行こう火をとりに行こう

「白山」という言葉に目が留まる。ついこの間、石川県白山市の方からお電話をいただいたばかりだったので。そのときに、「竹取物語」のかぐや姫の歌を思い出して、古今集のいくつかの歌のことを考えた。言葉との出会いには、こういう不思議な不可抗力のようなものが働いている気がする。そして、そのことも含めてわたしは言葉が好きである。白山は、もういつ噴火してもおかしくない火山リストに入っていたと思うので、「火をとりに」行くのだろうか。白山の火は、とても神聖で不思議な力を持っていそうだ。白山の火を手に入れたら何でもできるみたいな。小池さんが「とりに行こう」って言うんだから、それだけの価値があるものなんだよと思う。川柳のことをずっとまじめに考え続けている人の気持ちや意志や希望がいっぱいつまった句集である。

2016年2月 5日 17:35

Welcome to the Hotel Nejimaki   柳本々々

かっこいいタイトルでしょ。柳本々々さんが、BLOG俳句新空間に、―『川柳ねじまき』第2号を読む―というとても心のこもった丁寧な記事を書いてくださった。2号にあった「れいこさんにもなんか書いてもらいます」というエッセイに柳本さんがお返事をくださったようでもあった。ところで、れいこさんのエッセイにも出てきた「ホテルカリフォルニア」という最高傑作を世に送り出したあと解散したイーグルスのグレン・フライが亡くなった。今週の月曜日のことである。再結成してときどきツアーもおこなっていたのに。前回のナゴヤドームでのコンサートで見た姿が最後になってしまった。グレン・フライの死によってイーグルスそのものが完全に消滅した。もう解散もない代わりに再結成されることもない。" Lyin' Eyes "が好きだった。頑張らない軽やかなボーカルが心地よかった。グレン・フライだった。

2016年1月22日 16:55

いざというときの備えに「好きやねん」    小奈生

「やさしい川柳」の講座、宿題は「好」。困ったときには、にっこり笑って「好きやねん」のイメージだったのだが、どうもそうはいかないらしいことが発覚した。講座に大阪から参加されている方によれば、「わたしにとってそれはラーメンのことでしかない。」ということなのである。ラーメンだとすると、非常食にラーメン「好きやねん」というごく単純な話で終わってしまう。帰ってから、「好きやねん」を検索した。ハウス食品から1985年に関西・中国地区で発売されたラーメンで、大阪では「好きやねん」と言えばラーメンのこと?という話もある。固有名詞、おそるべし。関西にいたのは1976年までだからなあ。「ネーミングのわりにあっさり味」という記述もあった。わたしのイメージでは「好きやねん」にコテコテ感はないのだが、筋金入りの関西弁の使い手ではないのであてにならない。関西地区では使えない、そういう意味で地区限定の句になってしまったようだ。

2016年1月21日 22:53

息止めて止めて止めて止めて 欅    小奈生

昨日「おかじょうき」が届いた。第20回杉野十佐一賞の発表号である。題は「息」であった。ねじまきの新年会に出かける前にポストに入っているのを見つけて、そのまま持って出る。
大賞は佐久間裕子さん。

毎週金曜 息の発売日    佐久間裕子

雑誌の発売日の案内のような「息の発売日」が新鮮でおもしろい。自分が考えつかない言葉の組み合わせに出会うとうれしくなってしまう。
わたしもタイトルに挙げた句で準賞をいただいた。本多洋子さんの選評にぐっときた。感謝。誰かに伝わったということ、理解されたということがうれしくてありがたい。2句投句したもう一方の句。

吐く息にまじるアリューシャン列島   小奈生

2016年1月18日 22:24

猿の眼の中のあなたの中の僕    小奈生

「やさしい川柳」の講座に宿題として提出した句。
小さい頃、猿の仲間にけっこうやられていた。秀吉の長浜城があった長浜市に豊公園という公園がある。いまは観光都市・長浜なのできっと公園も立派に整備されていると思うが、その頃は何にもないただの公園だった。そこになぜかチンパンジーが1匹飼われていて、杭のようなものに紐でつながれていた。そのチンパンジーをちょっと離れたところでぼんやり見ていたら、いきなりひゅんっと紐が伸びてわたしはぐいっと髪をつかまれた。その瞬間の「えっ!」の感覚を覚えている。小学校3年か4年の頃に大阪の従妹の家に遊びに行って天王寺動物園に連れて行ってもらった。入ってわりとすぐのところにゴリラ舎があった。みんなが次の動物のところに移動しようとして、わたしだけちょっと遅れたのだ。ゴリラの正面にわたし。次の瞬間、ザッパーン!ゴリラに両手で水をかけられた。その瞬間も「えっ!」だった。チンパンジーもゴリラも霊長目ヒト科。相性が悪いのかなあ。もちろん人間もヒト科である。

2016年1月15日 22:36

「カップヌードルの海老たち。」が・・・

ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。ハロー カップヌードルの海老たち。   穂村弘
                           (「ラインマーカーズ」より。)
きのうからずっと「カップヌードルの海老たち。」に悩まされている。ちょっとドライな舌触りと独特の風味が「ハロー」と迫ってくる。たまに無性に食べたくなるカップヌードルなので、ひょっとしたら体がカップヌードルを求めているのかもしれない。夜、音立てぬ霜柱、カップヌードルのふたを開けると立ち上る白い湯気。季節は間違っていないようだが、確かな理由はわからない。でも、こういうことはときどきある。ある川柳だったり、短歌だったりのフレーズがぐるぐると頭の中をまわりだすのだ。やっぱり、ファミマでカップヌードル買ってこようかな。

2016年1月10日 16:15

来世ではゴーヤになってぶら下がる    小奈生

「ねじまき」#2の20句のうちの1句である。柳本々々さんが絵川柳にしてくださった。ツイッターで流れてきて、きゃー!と嬉しかったのだが、これが葉書になって手元に届いた。ぎゃー!嬉しすぎる。ねじまき制作委員会の事務局になっている役得ここに極まれりである。もう来世と言わず、今年の夏にもぶら下がりたい気分だ。ぜったいゴーヤになってみせまする。
ありがとうございました。

2016年1月 8日 22:23

猿ですよ、猿。

きょうから朝日カルチャーセンターの「やさしい川柳」の講座が再開される。センターの改修工事に伴って1カ月間休講だったのだ。新年最初の題は「猿」。困ったなあとも言っていられないので、さっきやけくそ気味に宿題を提出した。再開第1回目の講座は仕事の都合により欠席。それにしても、うらめしいのは申年だ。以前、ねじまきでも「熊」という題があったが、動物の題は難しいと思う。茶化してもつまらないし、正面から向き合うのも困難を極める。みんなの句が知りたいなあ。宿題はもう出したので、これはオマケ。

威嚇する猿の歯茎から悲恋   小奈生

2016年1月 7日 12:49

こいつぁー春から・・・

西原天気さんの〈俳句的日常〉から目が離せない。昨年暮れの29日とつぜんに歌仙が始まった。三吟である。捌きは西原天気さん、連衆は小津夜景さんとなかはられいこさん。どきどきしちゃいます。どうしてこんな素敵なことを天気さんは唐突に思いつかれたのだろう!しかも、あっさり実現してるし。初春にふさわしい晴れがましさ、めでたさである。ひとまず、歳旦三つ物をはさむということで歌仙は小休止のようだが、それはそれでまた楽しみが募るのである。

2016年1月 2日 14:50

あけましておめでとうございます。

2016年1月1日です。さっきまで27歳男子4人組がきていたのですが初詣に出かけていきました。彼らがいなくなって、もうすぐ年が明けるなあとぼんやりしていたら、新年がきて5分ほど過ぎていました。音もなく、いともなめらかに新しい年です。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年1月 1日 00:09

第二志望は冬の電信柱です    小奈生

いよいよあと数時間で2015年も終わる。今年はどこへ行っても誰もが大晦日だという感じがしないと言う。わたしも同感なのだが、ひょっとしたらそれはなかなかバリッと寒くならなかったからなのではないかとも思う。寝るときにボア・シーツに変えていなくても平気だし、ちょっと用心してヒートテックを着込むと暑すぎたりする。1週間くらい前までは、ハンドクリームがなくてもカサカサがあまり気にならなかった。ここ数日で急に冷え込みが強くなったようだ。(そしてみごとなまでに手はガサガサになった!)暖かい冬にぼんやりしていたら、いつのまにか大晦日といったところだろうか。まあ、ともあれ今年も残すところ7時間足らずである。外はもう暗い。今年を無事に終えられることに感謝しながら、誰もいない教室に一人ですわっている。静かな年の暮れである。

2015年12月31日 17:21

心臓を浸した十二月の青    小奈生

団地の郵便局まで坂道を上る。12月の末、午前11時の南向きの上り坂である。眩しくて冷たくて何かしら悲しい。自転車に乗ったジャージのおじさんが立ち漕ぎでわたしを追い抜いて行く。向かい側からは、これも自転車のおじさんが穏やかな表情でするすると坂をすべり下りてくる。きっと背中がほこほことあったかいにちがいない。坂を上りきったところに団地のいちばん端の棟がある。地面に垂直に立つ建物のまっすぐな線と線の間から、その向こうにひろがる町が見える。ほんの少し。まるで海が見えるみたいに。思い出したように顔を上げる。せめて雲の切れ端くらいないものかと思ってしまう空がある。

2015年12月30日 12:05

「川柳の彼岸と此岸」    水本石華

(「杜人」248号より。)
今年はねじまき句会でも有志によって連句に挑戦した(その模様は「ねじまき」#2に掲載)のだが、「杜人」でも!と興味深く拝見していたら、おお!水本石華氏は佛渕雀羅氏だった。先月の鹿児島の国民文化祭のときにワークショップで捌きをしてくださって、初めて親しくお話しさせていただいたばかりだ。川柳の話になったときに、「杜人」に川柳の作品を寄せていると話していらっしゃった。なんだか、劇的な再会を果たした気分である。それにしても、と思う。川柳の句会で連句を巻くということ、この符合がおもしろい。何かあるのかもしれない。そういう「時」なのかもしれない。そういう流れなのかも。ちょっぴりざわっとする。水本氏はこの文章に「川柳の作者は詠まれたものの向ふ側にも、こちら側にも立つことが出来る」というメッセージをこめて書かれたという。雀羅さんの顔を思い浮かべながら、「俳諧」という言葉を思った。

2015年12月27日 18:28

工事中。

お隣で建売住宅を4棟建てる工事が始まった。ちょっと前は駐車場のアスファルトを剥がしにジーンズにチェックのフランネルシャツという姿の陽気そうな外国人が数人で作業していた。昨日は神奈川から来た業者が地中に何本も金属製の柱を埋め込んでいた。溶接をしているせいか朝の眩しい光の中に白い湯気があがっていて、なんだか美しい光景だった。見ていて不思議なくらい飽きない。大きな機械を操作して黒っぽい金属の柱が、どんどん地中にねじこまれていく。これもまたクリスマスの景色!「めりめりとめりこむメリークリスマス」と超ダジャレが口をついて出てしまって、高校生男子の失笑を買った。ごめんなさい。

2015年12月25日 11:20

第31回国民文化祭あいち2016「連句の祭典」

連句の作品募集受付が来年2月1日から始まります。今回は「歌仙」の作品を募集します。入選・入賞作品の発表と表彰は2016年10月30日(日)に熱田神宮文化殿で行います。今はまだまっ白の状態で、これからどんなことが起こっていくのかまったくわかりません。わくわくするような、こわいような気持ちです。全国からたくさんの作品が寄せられて、愛知県での「連句の祭典」が活気のある大会になるといいなあと思います。

2015年12月17日 23:02

くもの古巣をはらひて

ブログ更新にまいりました。「やや年も暮れ」てしまいます。12月のねじまき句会の題が「臓」なので、「内臓」だの「臓器」だのをググっていたら、【臓器売買ならアマゾン】という鮮烈なフレーズに出会いました。え!そんなはずはないと思いながらクリックしてみると、まあだいたい思った通りの結果だったのですが、一瞬びっくりします。「内臓」「臓器」以外では、「心臓」「肝臓」「膵臓」「腎臓」などもチェック。「脾臓」はちょっと特殊すぎるなあなどと思いつつ、毎度のことながら苦労しました。みんなの作品がとても楽しみです。
長いことほったらかしにしていたブログなので、きまりわるいのですがおっかなびっくり戻ってきました。2015年もあと2週間ほどになりました。

2015年12月14日 22:19

蒟蒻畑で椎名林檎をつかまえろ    小奈生

「やさしい川柳」の講座に久しぶりに出席。きょうの宿題は「名」。12月は朝日カルチャーセンターが工事のために休講になる。先週末は国民文化祭の「連句の祭典」に参加するために鹿児島にいて、月曜日は日曜日のねじまき句会に参加してくださった青森の笹田かなえさんと守田啓子さんを熱田神宮にご案内した。まさに南の端から北の端で不思議な感じだった。そうこうしているうちに今年も暮れていくのだなと思う。

天高くピッと名前を剥がす音

前回から宿題が2句になった。うかうかしていられない。

2015年11月19日 22:37

こちょぐられっぱなしわたしの最北端    小奈生

「やさしい川柳」の講座の宿題。題は「北」。欠席投句だけでもと送ったら、今回から2句出しになったとのこと。もう、ないよ。時間もないよ。で、やけくそ気味にさらに送った。

北限がないゴキブリも恋人も

いろんなことを等閑にするつもりはないのだが、なんだかあちこちに皺寄せばかりしているような日々である。きょうは、どんよりと曇り。最近、雲の切れ端すら見つからないような澄み切った空の日が多かったので、なんだかほっとする気がする。

2015年11月 7日 15:18

コマーシャルフレーズと川柳。

肌の色あずきコーヒーゆず桜    ながたまみ
立秋の金銀パールプレゼント    なかはられいこ

「あずきコーヒーゆず桜」は青柳ういろうのコマーシャル。東海地区の人なら知らない人はいないだろう。関西あたりまではよく知られたコマーシャルである。一方、「金銀パールプレゼント」は全国のアラカン世代には超お馴染みのコマーシャル。どちらも、コマーシャルソングが耳にこびりついているという点でも共通する。これらの句を読んだ途端、メロディーが耳の奥に流れるのである。コマーシャルフレーズが持つ力を存分に生かしてつくられた川柳だ。「肌の色」と、また「立秋」の季節感とコマーシャルフレーズを結びつけたのが作者の慧眼である。一種のコーディネート力だ。この結び付けによってできた作品が読者にこれまでになかった新しい世界を提示するのである。川柳の自由でたくましい力を見る気がする。

2015年10月25日 13:00

村だったところで揺れてるコスモス    小奈生

〈やさしい川柳〉の講座、宿題は「村」。欠席かつ宿題未提出。「村」はマジになってしまう題だ。本当の村以外のイメージがない。教室では、どんな作品が出たのだろう。まさか「名刀村雨」とかはないよね、と勝手な想像をする。「南総里見八犬伝」だっただろうか。妹が夕方のNHKの人形劇を見て「さもしい浪人サモジロー!」と言っていたのまで思い出してなつかしい。ふるさと滋賀県には朽木村というところがあった。一度も行ったことがないのだが、ずっと気になっていた地名である。今は市町村合併でその名前はなくなってしまったようだ。滋賀県というと湖のイメージしかないかもしれないが、周りはしっかりと山に囲まれていて秘境っぽいところも多い。多賀大社がある多賀の奥や、スキー場のある余呉の奥など県境に近いところには廃村もあったはずだ。滋賀県にずっと暮らしていたのに、湖のへりでうろちょろしていただけで、行ったこともない所が多くて驚いてしまう。

2015年10月16日 11:19

きらきらと仏間をよぎる金魚かな    西原天気

(西原天気句集「けむり」より。)
この落ち着きは何だろう。ほとんど癒しと言ってもいいくらい。田舎の家のだだっぴろい仏間の空気の温度や湿り具合、陰翳までがよみがえる。その仏間をよぎる金魚のひらひらとした赤いからだ。白地に赤と黒の模様かなあ。金魚の泳ぐ金魚鉢を通して仏間を見ている景色なのだろうが、「仏間をよぎる金魚」と言語化されたときに、ひとつの世界になる。「金魚」は夏の季語か、と俳人には信じられない確認を心の中でしてしまう。こんなわたしが読んでいて申し訳ない!

2015年10月 8日 15:13

さよならは橋の長さを厳守せよ    なかはられいこ

〈やさしい川柳〉の講座、「守」より。
これはもう、手も足も出ない。題が「守」で「厳守せよ」だとしても、「さよならは」「橋の長さを」って、どうしたらそこにたどり着くのか。いやあ、わたしからは、ひっくり返しても振りまくっても出てきそうにもない。なかはられいこさんが、こういうことを言ってくれるとうれしくなってしまう。やっぱりこうでなくっちゃと思う。ドライだけれども干からびていない絶妙のタッチだ。参りました!

2015年10月 6日 22:16

革新か保守か守口大根か    小奈生

先週木曜日の〈やさしい川柳〉の講座から。ご丁寧に二重の守りを固めてしまったが、宿題は「守」。十月から連句の桃雅会の杉山壽子さんが参加されることになった。杉山さんは愛知県連句協会の会長も務めていらっしゃるので、今は来年の国民文化祭の準備で超多忙である。なかはられいこさんの川柳講座の話をすると、「わたしも行ってみようかしら。」と好奇心のお星さまがきらきら輝く瞳をまっすぐに向けておっしゃった。俳句も川柳も連句もおなじ俳諧だからと全く垣根をつくらない方である。さすがに名古屋の伝統文化を無量法師(無料奉仕)の心意気で守っていらっしゃった方は度量が広い。宿題をお伝えしたところ、初回から川柳にトライしてくださった。あ!壽子さまの句にも「守口」が!なかはら先生に「師弟で打ち合わせしたんですか?」と聞かれる。ちょっとうれしい偶然だった。

S極とN極守口粕の中    壽子

なかはら先生もおっしゃたけれど、守口漬の中に宇宙が見える。楽しい!

2015年10月 5日 10:49

はつなつの雨のはじめは紙の音    西原天気

(西原天気句集「けむり」より。)
初夏でもないし雨でもない秋晴れの一日である。手に入れたのは西原天気さんの句集。その第1ページの第1句。ひゃ、好きだ。「紙の音」がとてもいい。好き過ぎて分析的になれない。びっくりするくらい青い空の下で、びっくりするくらい新鮮な気持ちになった。空の青のせいか、西原天気さんのせいか、とても爽やかな日だった。

2015年10月 2日 22:18