チーちゃんの茶碗蒸し

中3のチーちゃんの「マイブーム」は茶碗蒸し。具もあれこれ凝っているみたい。きょうは、チーちゃんが力作を持参してくれました。「先生にも食べさせてあげる。」って。でもでも、チーちゃんは自転車で来たのです。できるだけ平坦な道を選んで遠回りして、そおっとそおっと運んだつもりだったのに、あー、せっかくの力作が・・・・・チーちゃんはショックでおろおろしていました。蓋をあけると、つるつるの卵の表面が現れるはずだったのに、すっかり破壊されてしまっていたのです。
もう一度蒸し器に入れてなんとか復旧できないかと努力してみましたが、やっぱりそれは無理ですよね。でも、チーちゃん、そんなに落ちこまないで!味はとってもおいしかったよ。塾長と二人でお夜食にいただきました。小さなかけらになってしまった茶碗蒸しの卵ですが、もとはつるつるの上品な舌ざわりだったことが十分にわかります。やさしいやさしい味わいでした。それより何より、チーちゃんが卵を溶いたり、具をいろいろ考えたり、器の中にそっとダシで溶いた卵を流し込んだりしていたその動作や思いのひとつひとつがとても素敵に思えます。ありがとう。ごちそうさまでした。

2006年10月14日 23:29

十五夜です。

もこもこの雲の中に、ああ、あそこにお月さんがいるんだなっていうくらいにぼんやりと白いところがあって、ちょっとさびしい気持ちでいました。9時過ぎに外に出てみたら、びっくり!雲が晴れて、ぴかぴかのお月さまが現れていました。バタバタと自習室に飛び込んで、「ね、ね、見て、見て!」と声をかけて、何人かいっしょに外に出ました。「まぶしいねえ。」と言いながら、しばらくみんなで空を見上げて月の光をあびました。こういうとき、何にも言わずに月を見上げているだけなのに、そばにいる人の心がすぐそこに感じえられるのはどうしてなんでしょうね。まぶしくて透き通った光です。きれいなきれいな光です。きょうの月、見ましたか?

2006年10月 6日 22:03