中日クラウンズ。

近藤啓介プロがクラウンズ初出場です。塾長と二人で和合に応援に行ってきました。1番のスタートから18番までずっとついて歩きました。チャンスでもピンチでも、ドキドキしっぱなしです。わたしたち以外にも、ご家族はもちろん、同級生や南山のメンバーさんや、啓介君の応援団の心はひとつです。きょうのラウンドは2オーバー。よく耐え忍んだラウンドだったと思います。こんな大舞台、しかも初出場で、どんなに緊張したことだろうと思うと、「よくやった!」の一言につきます。これから啓介くんは、わたしなんかが想像もつかないような大きな経験をいっぱいするのだと思います。プロゴルファーとして、あなたはスタートをきったばかり。一日一日の新しい経験は、いまのあなたにとっては、うれしいこともつらいことも、すべてがこれからのあなたのためのプラスの経験です。明日もまたいい日になる!そう信じています。わたしたちは、ずっといつでも応援しています。

2009年4月30日 17:45

名スピーチ。

きょうは春のBST会でした。卒業生とそのご家族をはじめとするBSTの仲間たちのゴルフコンペです。今回で第24回を迎えます。いつも楽しく参加してくださるみなさんに感謝しています。さて、今回の優勝は二井くんだったのですが、その優勝スピーチが最高でした!「ゴルフはスコアを縮めることを競うスポーツですが、このコンペは人と人の間を縮めるコンペだと思っています。」わー、感激!!うれしいなあ。そんなふうに思っていてもらえたら最高です。しかもそういうふうにいきなり表現できてしまうなんて、すごい。もちろん、拍手喝采でした。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。次回は秋の予定ですが、またみなさんにお会いして楽しい時間を過ごしたいと思います。集まって下さる方々に喜んでいただけて、元気を分かち合えるような場にしていきたいです。

2009年4月26日 17:18

元気な声です。

水曜日に4番の教室でCLUB‘G’の生徒たちと勉強していると、元気な英語が聞こえてきます。6年生の小学生英語の授業です。大きくて元気であんまり気持ちのよい声なので、ついついこちらの生徒たちもにっこりします。「なんかいいね。」「げんきー。」楽しそうな感じや一生懸命な感じが伝わって、ひとつかふたつ年上の中学生の顔もほころぶらしいのです。今年度から7時の時間帯に移動して塾長が担当しています。隣の教室の声がこんなに心地よいものだったとは新しい発見です。

2009年4月22日 17:18

野菜は甘い。

有難いことに時折お野菜を頂戴します。ご近所の方だったり、生徒のお家からだったり。畑でとれたばかりの超新鮮野菜です。昨日は新たまねぎをいただきました。さっそくサラダにしましたが、もう何ともみずみずしくて甘くて・・・。こういうお野菜を食べると心も体も本当に健康になれる気がします。「甘いねえ」「おいしいねえ」と言いながら食卓を囲むと、とても穏やかで豊かな気持ちになります。自分たちが食べるお野菜を(贅沢を言えばお米もなんだけど)自分でつくるような生活にひそかに憧れを抱いています。

甘いねと箸行き交えば平和なる新たまねぎのサラダ上空    なおこ

2009年4月17日 22:43

ティッシュの話。

道を歩いていてティッシュを配っていたら、「絶対もらう!」と中学生のほとんどが言うのは意外だった。わたしは滅多にもらわないのだけれど、栄や名駅を歩いているときに、差し出されるティッシュをするりとよけてずんずん通り過ぎる人たちの絵がぱっと浮かぶ。わたしの認識違いかもしれないが、「関わりたくありませんよー」という感じでティッシュを拒否する人のほうが圧倒的に多い気がする。中学生ってわりと素直なんだなあ。「だってティッシュいるじゃん。」そうね、花粉症の子も多いし。「だって買わなくてすむし。」そうそう、合理的です。「それにさあ、配ってる人だってもらってくれたほうがいいんじゃないの?」仰せの通り。大人は変に頑なになってしまうものなのかもしれません。ねじまき句会でご一緒している丸山進さんの川柳を思い出しました。丸山さんの繊細な心持ちがしみじみと伝わってきて、大好きな句です。

生きてればティッシュを呉れる人がいる     丸山進

2009年4月16日 22:26

どしゃ降り。

久しぶりに雨が降ったと思ったら、何もそこまで・・・というくらいのどしゃ降りでした。送り迎えをしてくださるお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに申し訳なく感じるひどい降り方でした。最近は、以前に比べると車で送迎をしてもらっている生徒が増えました。世の中が物騒になったのか、生徒たちがひ弱になったのか、あるいはその両方なのか、自転車で来る子がうんと減りました。週に二度、三度あるいはそれ以上、ご家族の協力なしには生徒たちの塾通いも成立しないということです。高校生などは、夜も遅い時間なので、なおさら大変です。本当に、頭が下がります。ひとつ心配なのは、それがあたりまえになってしまって、生徒たちが送ってくださるご家族への感謝の気持ちを忘れているのではないかということです。〈塾に来て勉強しているのだから家族はそれぐらいしてくれて当然〉なんてことは決してありません。〈勉強してれば王様!〉なんてあり得ないのです。だから、ちょっとくらいお迎えが遅くなったからといって、コワイ顔はしないでください。いばって文句言うのはやめておきましょう。それより、たまには「ありがとう。」って言えるようになってほしい、ううん、、〈ありがとう〉って感じられる人でいてほしいと思います。

2009年4月14日 22:26

漢字は苦手ですか?

どの学年の生徒でも、漢字はキライとか苦手とか言う生徒が増えています。確かにノートをとったり、書き込んだりしているのを見ると、えっ!こんな字まで!というような字も平仮名で書いてしまう生徒が多いのです。テスト前になると漢字の出題範囲もあって一生懸命練習しているのですが、かなり苦戦しています。また、せっかく覚えてもテストが終わってしばらくたつと半分以上忘れてしまったりします。漢字が勉強になり過ぎているのでは?と感じます。英語も理科も社会も覚えることはいっぱいあるのに、漢字もまた覚えなきゃいけないなんて、確かに大変だし苦痛ですよね。読んだり書いたりして使うことで、知っている漢字を増やすことが大切なのではないでしょうか。忘れては覚え、忘れては覚えの繰り返しが知っている漢字を増やします。時間をかけてコツコツと守備範囲を広げていくしかありません。短期集中は漢字力アップには不向きなように思えます。日常の生活の中で継続的に身につける努力をしていくのがよさそうです。7月には第1回の漢字検定を実施します。まずは自分のスタート地点を見つけるきっかけにしてもらえたらと思っています。

2009年4月 9日 17:05

高校数学。

2009年度の時間割を見ると、高校生数学・理科という大きなくくりのままになっています。実はこれは生徒にとってはとてもお得なオーダーメイドクラスなのです。大学受験クラスの英語・国語を受講している生徒には、数学のクラスをオーダーメイドする権利があります。大学受験のための数学でも学校の授業の補習のための数学でも、希望者が申し出るとその生徒のための授業がつくってもらえるのです。マンツーマンないしは2,3人での授業ですが、費用はクラスと同じです。杉田先生がガンガン指導してくれます。高校生になると数学は力の個人差が出やすいので、いちばん効率的な方法を考えた結果、こうなりました。ただし先着順になりますので、希望者は早めに申し出てください。きょうも、高校生が次々に杉田先生と予定を調整していました。今年のBSTの自慢のひとつです。

2009年4月 7日 17:05

新学期スタート!!

きょうからまた新しい一年が始まります。BSTとしては20回以上の新学期を迎えているわけですが、それでも新学期に感じる真っ白な新しい気持ちは変わりません。陽射しに力がよみがえり、桜が咲いて、少しばかり心が浮き立ち、それでいて緊張感があります。学年をひとつ上げた生徒たちの顔も、心なしか三月とはちょっと違って見えます。今年度は時間割の大きな変更もありました。「いま」の必要性に真正面から答えようとした結果であり、同時にわたしたちの原点を確認することにもなった変更でした。小学生、中学生、高校生という自分の土台をつくる大切な時間を、塾で共に過ごす生徒たちに、勉強することを通して、学力をつけてもらうことはもちろん、できるだけたくさんの将来に立ち向かう力を養ってもらいたいと思います。心をこめて来年の桜がまた咲くまでの一年を大切に過ごしていきたいと思います。

2009年4月 6日 11:32

神宮におまいり。

春休みを利用して教え子一家と小旅行。鳥羽で泊まってきょうは伊勢神宮に参拝しました。伊勢神宮というのは通称で、外宮(げくう)と内宮(ないくう)を合わせて神宮(じんぐう)と呼ぶのだということを学習しました。建築物を後世に伝える方法として、20年ごとに行われる神宮の式年遷宮祭は有名ですが、125のお社、さらには橋まで、とにかく全部を20年ごとに新しくしているということは、きょう初めて知りました。驚異です。20年に一度というけれど、つまりは20年間かけて次の遷宮祭に備えているわけで、並々ならぬ時間の蓄積が神宮をかつてのままの姿で今日に伝えているのです。うーん、とうなり声がもれます。外宮には「土宮」「風宮」など目を閉じて鼻をひくひくさせて立ち止まりたくなるような名前をもったお社もあります。玉砂利を踏んで歩く音、ひんやりした空気、木々の深い緑。「神々しい」という言葉がリアリティーをもつ空間です。

2009年4月 3日 11:32