「カップヌードルの海老たち。」が・・・

ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。ハロー カップヌードルの海老たち。   穂村弘
                           (「ラインマーカーズ」より。)
きのうからずっと「カップヌードルの海老たち。」に悩まされている。ちょっとドライな舌触りと独特の風味が「ハロー」と迫ってくる。たまに無性に食べたくなるカップヌードルなので、ひょっとしたら体がカップヌードルを求めているのかもしれない。夜、音立てぬ霜柱、カップヌードルのふたを開けると立ち上る白い湯気。季節は間違っていないようだが、確かな理由はわからない。でも、こういうことはときどきある。ある川柳だったり、短歌だったりのフレーズがぐるぐると頭の中をまわりだすのだ。やっぱり、ファミマでカップヌードル買ってこようかな。

2016年1月10日 16:15