自習室盛況。

中間テストが近づいてきて、今週の週末は自習室で勉強をする生徒が多くなっています。1番と2番の教室をオープンにして対応しています。なかにはお母さんにお弁当を作ってもらって、お弁当持ちで来る生徒もいます。最終的には勉強は一人でするものだけれど、その段階に到達する前には手助けがいると思うのです。生徒に「やらなくちゃ」という気持ちがあるのは、おおいなプラス材料。「でもやりたくない」とか「でもやれない」という部分を私たちが少しずつ手を貸して変えていってあげたいと思います。「わかんなーい!」は甘えているときもあれば、ほんとにわかっていないときもあり、また別のサインのこともあります。ひとつひとつをちゃんと受け止めて返していきたいと思っています。
それにしても、試験前の高校生ときたら、なんであんなに数学ばっかり勉強しているんでしょうね。学校の科目のほとんどが数学なのかと思えるくらい、あっちでも数学、こっちでも数学。高校時代、数学が得意なわけではなかったわたしが言うのもなんなんですが、何か違うような気がします。

2009年5月16日 12:30