まだすこし木じゃないとこが残ってる  宮川尚子

先月の終わりに青森のおかじょうき川柳社の杉野土佐一賞が発表されました。わたしも三句応募していたのですが、準賞をいただきました。思いがけないうれしい結果でした。おそるおそる川柳を書いていますが、誰かに伝わるものが何か少しでもあったことがとてもうれしく思えました。その「何か」を受け止めて見つけてくださった選者のみなさまにも心から感謝しています。自信もなくて、いつもおろおろしてしまいますが、川柳をこれからもずっと書いていきたいと思います。なかはられいこさんのようにみんなの心に届く呪文が唱えられる日は来るかどうかもわかりませんが、いっしょうけんめい探していきたいと思います。

2006年11月 5日 09:59